日本語と韓国語の差

日本語と韓国語の差を把握しておくと、学習が進んだ時に「あ、このことかぁ〜」と気づいて、間違ったまま覚えてしまうことが少なくなります。 それでは、具体的に見てみましょう。

子音で終わる単語が多い
韓国語会話とは?のページでも紹介しましたが、「約束:やkそk」のように、最後がKやPで終わる言葉があります。
日本人はこれらの発音に、ついつい母音を付けてしまいます。

途中の音が子音の物が多い
「約束」もそうですが、一番有名なのが「キムチ:キmチ」ではないでしょうか? 真ん中の発音は「ム」ではなく、口を閉じるだけの「m」なんです!

日本語の「ん」に当たる音が3つある
日本語にもちゃんと3つの「ん」があるのですが、字にすると同じになるため、区別せずに使っているんですよね。
普段区別してないから、いざやろうとしても難しいのです。

たとえば、「音楽」「新品」「銀行」と発音してみてください。
それぞれ「ん」の発音は「ng」「m」「n」なんですよ!
口の閉じ方や息の抜け方、下の位置がそれぞれ違うことを確認してみてください。違うでしょ?

音がつながるエリゾンが特徴
文字としては別でもひとつの音として発音するのが連音化:エリゾンです。
一番ホットな例としては少女時代のユナ
彼女の名前は文字を個別に発音するとユン・アなんです。
これがNとAがくっついてユナになるのです。このような例は結構ありますよ!

ウ、オが二種類ずつある
これらの聞き分けは厄介ですね。口を縦に開ける音と、すぼめる音。
厳密にいうとまだまだ似たような音がたくさんあって、日本人には聞き取りにくいです。

濃音や激音がある
「おっと」の「っと」のような音が濃音です。最初の音としてくることがあるので、そこが厄介です。
息を思いっきり出しながら発音するのが激音です。
このような発音があるので、韓国人にはひそひそ話ができないと言われています(笑)

はじめの音が濁らない
厳密には韓国人にはそんな自覚はないようなのですが、日本語的に解釈するとそうなります。
日本語には最初に濁った音がくることは多々ありますが、韓国人は違和感を感じるようです。 逆に韓国人がトレーニングを受けずに「ガンバル」と発音すると「カンバル」のようになります。

ら行の固有語がない。
日本語的に解釈すると「ら行」は「な行」に置き換わっています。
なので、「ら行」は全て外来語なんですよ!
実は日本語の古語にも[「ら行」がなかったのですが、外来語がすっかり定着して、今ではら行がなかったなんて信じられませんね!

他にもまだまだありますが、自分で気づいていくことも大切ですよ!

簡単韓国語会話その1