簡単韓国語会話その1

旅行先で使える簡単な韓国語会話文を紹介します
あえてハングルは記載しません。本格的な会話は他の教材などで確認してくださいね!

衣・食・住の言葉は旅先ではとても重要ですので、それらを中心に見ていきましょう。 とにかく通じることが大切ですので、恥ずかしいかもしれませんがカタコトでもはっきりと大きな声で発音しましょう。 きっと優しく教えてくれると思います!

1.ファジャンシル オディエヨ?:トイレはどこですか?

トイレのことは漢字語の化粧室(ファジャンシル)を使います。化粧はファジャンです。 どこですか?がオディエヨですので、どこかいきたいところがあるときには「〜オディエヨ?」といえばいいです。
ここはどこ?と言いたい時は「ヨギヌン オディエヨ」と言いましょう。
この言葉を知っているだけで、旅先の不安の半分は解消されるかも(笑)

想定される答えは以下のとおりです。
イッチョギエヨ(こっちです)/クッチョギエヨ(そっちです)/チョッチョギエヨ(あっちです)ウェンチョギエヨ(左側です)/オルンチョギエヨ(右側です)

こっち、そっち、あっちはイ・ク・ゾと覚えると覚えやすいです。
ゾという音は韓国語にはないのでジョになりますが(笑)

2.アンニョンハセヨ!:こんにちは!
一番有名な言葉かもしれません。朝昼晩全てアンニョンハセヨです。
アンニョンは安寧という漢字語で、安寧でいらっしゃいますか?という意味になります。
先に言われたら、同じようにアンニョンハセヨと返しましょう。

3.カムサハムニダ:ありがとうございます
少し固めの表現で、打ち解けた感じのありがとうはコマウォヨになります。
けれど、慣れないうちはカムサハムニダだけ覚えておくと何とかなります!

4.ミアネヨ:ごめんなさい
もう少しかしこまった言い方にミアナムニダがあります。

5.イゴ チュセヨ:これください
イゴルルジュセヨと言ったほうが韓国的ですが、ルルの発音は日本人には難しいので、指をさしながらイゴ(これ)と言いながら、少し間隔をおいてチュセヨと言うといいです。
買い物だけでなく、料理の注文の時もチュセヨが使えます。


簡単韓国語会話その2