簡単韓国語会話その2

6.オルマエヨ?:いくらですか?
チュセヨの時と同じようにイゴ(これ)と言いながら使ってもいいですね!
ちなみに、まけてほしいときはカッカジュセヨといいます。サゲジュセヨでもいいですよ!

7.ムォエヨ?:なんですか?
この言葉もイゴ(これ)を付けて使うといいです。答えられても聞き取れないことが多いですが(笑)

8.マシッソヨ!:おいしいです!
この言葉は有名ですね。類似の言葉にマシケッタ:おいしそうがあります。
いただきますはチャルモッケスムニダです。
食べたあとはよく食べたという意味のチャルモゴッスムニダというと喜ばれるでしょう。

9.チェゴ:最高
感想に困ったときにはチェゴエヨ、チェゴ!(最高です、最高!)と言えばいいでしょう。 おいしいですか?気分はどうですか?など、いろんな場面で使えます。 あまりにもオーバーかなと思ったらチョアヨ!(いいです!)にしたほうがいいかもしれません(笑)

10.数字
買い物や食事・旅費などで一番聞くのが数字だと思います。 韓国の場合、通貨レートの関係で日本より一桁多いので、ちょっと大変かもしれません。
また、日本語と同じように数詞が漢字語と固有語があります。
これまた日本語と同じように、固有語の数詞は変化しますので、慣れるのが大変かもしれません。

漢字語の数字 1:イル 2:イー 3:サム 4:サー 5:オー 6:ユク 7:チル 8:パル 9:ク 10:シプ 百:ペク 千:チョン 万:マン

固有語の数字 1:ハナ 2:トゥル 3:セッ 4:ネッ 5:タソッ 6:ヨソッ 7:イルゴプ 8:ヨドル 9:アホプ 10:ヨル

漢字語の数字は値段や1月2月などのに使われます。
たとえば32,500ウォンだと、サムマン・イチョン・オベグォンとなります。
厄介なのが韓国の通貨ウォンの初頭が母音なので、エリゾンが起きることです。
百ウォンはペグォン、千ウォンはチョノン、万ウォンはマノンになります。

固有語は個数時刻などに使います。
一コくださいというときはハンケジュセヨとなります。
厄介なのは1〜10まで覚えていてもそのまま使えないこと。1〜4までは連体形で使うのです。
具体的に例をあげるので、そのまま覚えておきましょう。

1個:ハンケ・2個:トゥゲ・3個:セゲ:4個:ネゲ・5個:タソッケ・6個:ヨドルゲ・7個イルゴプケ・8個:ヨドルケ・9個:アホプケ・10個:ヨルケ

時間の場合にも固有語を使いますので、ハンシ・トゥシ・セシ・・・と続くのですが11時と12時はヨランシ・ヨルトゥシというように連体形になります。
理論を考えると面倒なので、そのまま覚えちゃいましょう。
ここで面白いのが、なぜか分(フン)は漢字語なんです。
たとえば、2時35分だと、トゥシ サムシプオプンとなるのです。

不思議でしょ?


英会話でも同じ事ですが、韓国語会話でも、質問ができたとしても答えの意味が分からないことが多々あります。
けれども、それはしょうがないことです。
受け手側としてはカタコトでも韓国語を話してくれたことがうれしいので、コミュニケーションの引っ掛かりとして、どんどん会話してみてください!


運営責任者